2019年冬のバラさん

今年は1年間、天候が荒れてバラさんにとっても過酷な年でした。
やはり昨年に比べると、花も減り、病気もたくさん出てしまいました。
が、それでも頑張って1年咲いてくれたことに感謝です。
中でも、アンブリッジローズ!
すっかり復活して、この秋、冬もちゃんときれいに咲いてくれました。

 

アンブリッジローズ 真夏は花弁がぐっと少なかったけど
冬はこんなに重なります。

ジュードジオブスキュアーです。甘酸っぱいフルーツのような香り。
大好きなバラさん。1輪部屋にあるだけで、室内は甘い香りで幸せな気持ちに。

マドモアゼルフランチェスカ・クリューガー
カスタードクリームにアプリコットがさします。
こちらは11月の画像です。クラシカルできれいです。咲き進むと
花弁が多くクシュクシュになり、それも可愛いです。

ガブリエルです。
グレーがかった薄紫から白のグラデーション。
こちらも11月の画像。

コーネリア 寒くなると、色がぐっと深まります。


今年見納めのバラさんたちでした。

竹の花入れ

庭の菊がたくさん咲きました。

竹の花入れに入れてみました。


もう少し、花数を減らしたほうが良かったかな・・・と思います。
オタフクナンテンは、あんまり普通は入れない植物と思うのですが
なにかきれいに見えたので照葉を1枚だけ。
花の入れ方は今一つですが、竹の花入れは、やっぱり趣があって
良いなあ、と思います。
 

新作のしばわんこでは、日々の庭の植物のこと、茶道のお稽古を通じ
すてきだな、と気付いたことなどを
「12か月のおもてなし」の絵本にして
楽しくお届け出来たらな、と思って描いています。
本当いうと
現実の私は、さっぱり「もてなし上手」ではないのですが、
そこは本の中で、しばわんこたちにお願いしようと思っています。








しばわんこの和のおもてなし

ちょっと早いお知らせですが12月28日発売のMOE2月号(白泉社)で
しばわんこの和のおもてなし 描きおろし4ページが掲載されます!

しばわんこ、みけにゃんこと一緒に、久しぶりのメンバーも登場します。
描いている私もなつかしい人に再会するようで嬉しい気分です。
この「しばわんこのおうち」の絵は初刊の登場人物(動物)
紹介のページのために描いた絵です。
季節もちょうど今ごろをイメージしました。
ある日の黄昏時、普通の住宅地に忽然とあらわれた、
しばいぬとみけねこが暮らす和風住宅。
和風だけれど私は「マハリ~クマハ~リタ・・・」と魔法であらわれた
サリーちゃんのおうち、みたいなイメージで描きました。
しばわんこは「実用絵本」なのかもしれないけれど、私の脳内は、
やっぱりどこかファンタジーなのです。

そうは言っても、しばわんこを描くには調べものに追われます。
夜なべ仕事の最中、のんちゃんは、お茶の先生からいただいた
大事な茶道大辞典の上でくつろいでいます(;^ω^)
ページがめくれず、困ります。

インスタグラム始めました。

ホームページを始めて1年過ぎ、ようやく慣れてきたところで
インスタグラムにもトライすることにしてみました。
new!のインスタグラムマークからどうぞ
庭や絵や、ときどき猫ののんちゃんが出てくると思います。
まだ不慣れですが、どうぞよろしくお願いいたします。

ミニ額の楽しみ

個展のため、いくつかミニ額を作っています。
私の以前描いた、くまさんとかアンティークのおもちゃの絵など
すごく小さな絵があるのですが、どれもとても丁寧に描いたものなので
なにかきれいに額装出来ないかな、と思っていました。
東京、森下のサトウ画材さんで可愛いミニ額を見つけたので試作してみることに。


アンティーク感があってベアにぴったりです!
そしてマットなのですが、これが小さすぎて難しい。
何か方法がないかと思い、デッドストックのレースを使ってみては?と思いつき
試作してみると可愛いです。

変色しないタイプの接着剤で、フレームのサイズに切った紙に
レースを貼りつけます。
細かい作業です。レースの幅は1センチほど。

四隅の処理をして・・・額にセットします。

出来ました!可愛い仕上がりです。サインが見えないですね。
でもちゃんといれます。ちなみにこのベアの身長は2センチほどですが
ナムラの面相筆で毛並みをしっかり描き込んでいます。
こんな感じで、地道に家内制手工業をしております。