みけにゃんこたち パリさん編

今日は「猫の日」ということで、我が家のみけにゃんこたちの
ことを少々・・・

うちの初代みけにゃんこの「パリさん」です。
上の写真は拾った直後の推定3か月ころ。気の強そうな顔付です(笑)
私が24歳で一人暮らしを始めて間もないころでした。この子がみけにゃんこのモデルです。初めて「共に生きた」猫でした。

パリさんは21歳の春の盛りの日に、この世を離れ旅立ちました。
最後の1年間は私の仕事場の窓際にずっといたのですが、ふとその場所をみれば、
今、のんちゃんがパリさんがいた場所でぐっすり眠っています。

とても気の強い、猫らしい猫で、最後までガッツのある子でした。
パリさんがもう自分の力でうごけなくなったとき、私はパリさんに聞きました。
「パリさん、生まれ変わって、人間になる?」・・・
「それともまた猫に生まれ変わって、もういちどお母さんの子になる?」
するとパリさんはしっぽを大きくパタンとふったのでした。

パリさんは猫として生まれ変わり、なぜか大きなおっとり黒猫男子になって
今も私の部屋にいるのかもしれません・・


友人が作ってくれたテラコッタのお墓は庭の片隅にあります。4月になれば
ムスカリや、勿忘草が咲き、5月にはつるバラが枝垂れます。

「みけにゃんこたち」不定期に続きます。
今日はこのへんで。




庭のお客さん

今朝むくむくのお客さんが庭にきました。

まんまる。(^^♪ 可愛い・・・

のんちゃんとご対面。あー背中の毛がそりそり(;’∀’)

のんちゃんもしっぽがボワッ (;’∀’)

どこの子なんでしょうか?

冬の小鳥の庭なのですが・・・

寒さがきびしくなったのでひまわりの種を用意して
小鳥さんの餌場を設置しました。


屋根付きバードフィーダーです。

小さくてすみません。左端にシジュウカラがいます。

ひまわりの種にはシジュウカラも雀もたくさんやってきます。

こちらはメジロのゼリーです。母がお世話になっている老人ホームの
スタッフさんに、可愛い餌籠付でいただきました。(小鳥好きの方なのです!)
しかし食べているところは目撃できず・・・ついばんだあとはあります。


こちらのエサ入れもミカン付きでいただいてしまいました。
小鳥にかわってありがとうございます!
牛脂も好物なんだそうですよ。牛脂もいただきました(笑)


ミカンしっかり食べられていました。牛脂もなくなっていました。しかしやっぱり食べているところの写真は撮れず・・・でも、食べてくれれば良いですよね?
そのうち撮れるかも~

立春の水仙

昨日は節分、今日は立春です。
いつもなら立春は暦の上では春…と続き実際は厳寒のはず・・・
ですが今日は本当に春の暖かさ!


水仙も思った通りたくさん開花しました。

水仙を生けてみました。

こちらの花入れは茶道の先生からいただいた瓢の花入れです。
瓢(ふくべ)とは瓢箪(ひょうたん)のことです。
こんな植物そのものの花入れがあるのですね!やわらかな形です。
ひょうたんはウリ科の1年草でユウガオの変種なんだそうです。
ひょうたんの中には神が宿る、と言われ縁起が良いものだそうですよ。


一輪挿しにも生けてみました。

部屋にも春が来ました。

水仙が咲きました。

昨年12月のクリスマス頃、「水仙の花芽が膨らみました」とご報告しましたが
やっと開花しました。

開花まで約40日かかりました。通常はお正月過ぎには咲いているのですが、分球して植え替えたので、いつもより半月以上開花が遅れたようです。でも無事咲いて良かったです!来週は気温が上がりそうなので、これから一気に満開になるかな?